お洗濯できない表示タグでも案外可能な結果の裏には自己責任が…①

日常の風景

日常の風景

名古屋市中川区のふわりすです。
このところ
お客様からのご相談が増えております。
〇〇を洗いたいという
ご相談です。
ご要望を満たして差し上げたく
店主はあらゆる情報を
手に入れようと努力いたします。
そして大切なのは
そのお洗濯物の素材です。
コインランドリーで
お洗濯ができない
素材がございます。

素材がわかるのは
商品に必ずついています
表示タグ
組成表示ですが
一緒に洗濯マーク
洗濯表示もついております。
年数の経ったものは
表示も消えていることがあります。。。
その商品を購入してから
何年になるか とか
様々な条件がプラスされ
可能かどうかの判断になります。
そしてもうひとつ
大切なことは
お客様のお気持ちです。
コインランドリーでは
お客様が
ご自身のお洗濯物を
持込み洗いますので
自己責任が伴います。
店主は
機械メーカーのTOSEI様や
機械販売代理店様の
経験値での判断も
参考にさせて頂き
お客様へお伝えすること
だけしかできません。
クリーニング法と
衛生法の関係です。
申し訳ありません<(_ _)>
様々な情報を
お知らせする
お手伝いをさせて頂き
最終判断は
お客様にお任せ致します。
お客様の
自己責任が伴います。

昨日、お洗濯を
ご予約頂きました
お客様は
比較的安価で
ご購入されたとのことで
何かありましても
惜しくないとのお気持ちが
強かったために
自己責任で良いので
洗いたいと
御持参頂きました。
表示タグは
手洗いで、それも
タンブラー禁止
乾燥機使用禁止でした。。
またふちどりが硬く
脱水がきちんと入るかどうか
店主は心配でしたが
結果は〇でした。
(脱水エラーで
 機械が止まることがあります。
 また異音が発生し
 機械が壊れることがあるそうです。。)
お洗濯できたことに
ご満足いただき
ご帰宅されました。

あとはお客様の
お気持ち次第です。
御来店をお待ちしております<(_ _)>

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧