想定外のことが起きた時③正しい情報を見極める

日常の風景

日常の風景

名古屋市中川区のふわりすです。
昨日のブログ記事の続きです。
新型コロナウイルス感染拡大時に
起こったこととして
今朝NHKの情報番組で
とりあげておりました
「ウイルスより怖い情報パニック」。
2月から3月にかけて
トイレットペーパーが
一時陳列棚から消えてなくなると
いうことがありました。
4月にもハンドソープが
同様になくなりました。。。
噂に振り回されたり
デマにふりまわされたり
様々なことが起こりました。。。
ふわりす店主も
振り返り様々なキーワードを
入れて検索してみました。

3月4月頃の日付で
新型コロナウイルスは
 高温70度で死ぬ
ため
 コインランドリーの
 乾燥機にかけるだけで
 ウイルス除去になる」
というような情報が
いくつもあがっておりました。
そこには「厚生労働省の問7」の
リンクがあり
確認してみましたが
そのようなことが書かれた文言は
厚生労働省のホームページには
一切ありませんでした。
一度あったものが消えた
(削除された)のかも
定かではありません。
ネット情報だけで
判断いたしますと
厚生労働省という言葉だけで
間違いないと思いがちです。
しかしきちんと調べますと
根拠もなく
誤情報ではないかと
判断せざるを得えません。
実際新型コロナウイルスに
つきましては
様々な情報が飛び交っており
まだしっかり検証されたものは
数少ないです。

今ふわりすで行っております
新型コロナウイルス除去の方法は
6月26日付の
経済産業省の見解により
また厚生労働省のホームページにも
記載され検証されております。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/
bunya/syoudoku_00001.html

https://www.meti.go.jp/press/
2020/06/20200626012/20200626012.html

モノ(衣類も含む)に付着した
ウイルス除去方法は
5つ(方法)のみです。
①熱水
(80度以上の熱水に10分間さらす)

②塩素系漂白剤
(次亜塩素酸ナトリウム)
③洗剤(界面活性剤)
④次亜塩素酸水
⑤濃度70%以上のエタノール
ふわりすでは
③と④で
店内備品と
洗濯乾燥機庫内の
ウイルス除去を行います。
乾燥機と店内備品の一部の
ウイルス除去を⑤で行います。

新型コロナウイルスは
コインランドリーの
乾燥機利用で
死滅するかどうかわかりませんが
例えば衣類のウイルスは死滅しても
利用する店内の備品や
洗濯乾燥機や乾燥機に
ウイルスが残っている可能性は
0ではありません。
目に見えないウイルスです。
再付着する可能性もございます。
もしウイルスが
付着していましても
しっかり拭き取ることで
感染予防ができます。
ウイルスの残存が0ではなくても
拭き取り除去することで
しっかり予防することができます。
ふわりすでは
店内備品のウイルス除去
洗濯乾燥機・乾燥機の
ウイルス除去を
厚生労働省のホームページの
検証に基づいた方法で
継続しております。
直前利用者の履歴を
100%消す努力を
いたしております<(_ _)>
どうぞご安心頂き
安全なふわりすへ
御来店をお洗濯を
お待ちしております<(_ _)>

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧