新型コロナウイルス感染拡大が私たちに遺したもの③見極める目と選ぶ責任

日常の風景

日常の風景

名古屋市中川区のふわりすです。
緊急事態宣言は解除されましたが
愛知県では引き続き
緊急事態措置が継続されております<(_ _)>
愛知県も
感染者数0の日が多くなり
拡大の収束化に向かいつつも
まだまだ油断はできません。
終息するまでに
店主は1年、いえ
2~3年はかかると
長期化を考えながら
これからも
いかに新型コロナウイルスと
向き合いながら
抱えながら
生きて過ごしていくかを
考えております<(_ _)>
ウイズコロナです。。。
新型コロナウイルスに
感染するかもしれないという
リスクを常に持っていての
一人ひとりの行動です。
自分と周りの人々のために
命をかけての行動です。
そのために
自分の目で見て聞いて調べて
判断して選ぶ責任があり
大切になります。

衣替えの季節でもあり
ふわりすへは
お布団、毛布
カーペット、カーテンなど
大物のお洗濯のお客様が
増えてまいりました<(_ _)>
本当に感謝の気持ちで
いっぱいです<(_ _)>
その中で新規のあるお客様が
「今までどうしても
 無人店舗に行く気になれなかった。。
 洗濯槽に
 ウイルスがついていると思うと
 腰が悪くても
 お風呂場で洗うしか
 ないとあきらめていたから
 本当に良かったと…」
しみじみお話してくださいました。
その方は3畳くらいの
冬用のカーペットを御持参され
お洗濯をされました。

上のお写真は
お客様1回御利用されました後に
店主はお掃除を致しますが
フード内についたほこりです。
1回御利用で
こんなにもつくのです。。
無人店舗では
常にお掃除をすることはありません。
洗濯乾燥機(乾燥機)を
使えば使うほど
ほこりがつもり
やがて庫内に逆流して落ちる
リスクがあるのです。。

もしかしたら
お洗濯をすれば大丈夫
全ての菌がなくなる
ウイルスがとれると
思い込んでいらっしゃいませんか?
家から近いから
手軽に行けるから
誰もいないから気軽だから…など
一番大切な
清潔安心安全を忘れて
いらっしゃいませんか?

どなたが利用したか
わからない無人店舗は
リスクだらけです。
お掃除が本当に行き届いているか
確認できないということは
不安要素がいっぱいです。
大丈夫という根拠がありません。
先程、ほこりをご覧頂きましたが
折角お洗濯したのに
反対に洗濯乾燥機庫内から落ちた
ほこりをつけてしまうのは
何のための
お洗濯だったのかと思います。
また店舗内の備品や
利用した洗濯槽の中に潜む
ウイルスや菌が
付着するかもしれないという
リスクをお忘れになると
本当に怖いと思います。
これからは
新型コロナウイルスという
リスクを常に抱えて
生きていかなければなりません、
これからは全ての行動が
自己責任です。
命の危険が伴います。
正しく見る目を
判断する目を養い
リスクを承知ではなく
必ず安全な方法をとり
お洗濯を…と思います<(_ _)>
ふわりすは
店内空間、備品と
洗濯乾燥機庫内を
トリプルウイルス除去・除菌
1回御利用ごとの
フード内のほこり取りなど
徹底した清掃を継続しております<(_ _)>
どうぞご安心なさって
お洗濯にお越し下さいませ<(_ _)>

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧